夢は

暮らし comments(0) trackbacks(0) しの☆まゆみ〜な
潜在意識の現われなんだろうか。やっと昨日から母と一緒に食事をし始めて、必要最低限だけど口を利くようになって。昨日は一日落ち込んでたけど、親友に「夜の考え事は危険。丸くなってお休み」と言われて、でも、なんだか哀しくて哀しくて、考えが暗い方へ行っちゃうから、大好きなBEGINの曲を聴きながら寝たんだ。
なのに。
夢の中でまで、わたしは一人だった。一つ一つはたいしたことじゃなかったんだ。でも、いつも家族の中でわたしだけ除け者だったり、姉がわたしの机の上を勝手に物でいっぱいにして平然としていたり・・・挙句の果ては、警察まで呼ばれて、その中の婦警にまで謂れのないことでわたし一人が責め立てられて。家の中に帰った後、家族みんなに「殺してやる」って何度も何度も叫んでた。何か紐みたいなもので、両親をぶっていた。
何にも考えないようにして眠ったのに。一度はぐっすり眠ったんだ。でも、もうずっとそうなんだけど、2,3時間で目が覚めて、もう一度眠りなおす。その2度目の眠りの中で、そんな夢を見た。
まだ、忘れられないんだな。もう何年も前のことなのに。姉と仲違いしたとき、非は姉にあったのに、両親は姉の味方だった。どんなに理を説いても、わたしの味方にはなってくれなかった。「わたしが何年我慢してきたと思ってるの?」と言ったわたしに、父は「何年我慢してようが関係ない」と言った。
あの時、家族と縁を切るって決めて家を出て、親戚にももう頼れないって思って、世界中でたった独りぼっちになったと思ってた。誰にも迷惑かけないで死ぬ方法ばっかり考えてたっけ。
もう、水に流したことだから、忘れたと思ってたんだけどな。夢に出てくるなんてな。しょうがないな、人間の脳ってヤツは。
コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM