寺尾さんの大阪コンサートツアー!

好きな人 comments(2) trackbacks(1) しの☆まゆみ〜な
うーん、『詳細は明日』とかって書いておいて、すっかりごろごろしてました。ごめんなさい、ちゃんと翌日からお仕事へ行った皆様。

とりあえず、2日に大阪入りしました。ちゃんと前日にお風呂に入ればよかったのに、どうしても眠くて、朝5時に起きてお風呂に入って、9時過ぎにうちを出ました。高速バスで東京へ行くんですが、渋滞に引っかかって指定の新幹線に乗れなかったらやだなー、と思って早目のバスに乗ったら、すいすい走って東京駅でぶらぶらしてしまいました。
大阪のホテルに着いて、フロントで「連れが先に来てるんですが」と言いましたらば、連れの名前を聞かれたんです。ところが、いつもHNで呼び合っていて苗字しか知らなかったんですよねー(苦笑)とりあえず、部屋を教えてもらって入ったんですが、Dさまに「電話してくれると思ってた」と言われました。そうだよねー、携帯に電話すれば済むことだったんだよねー(苦笑)
二人で、まあ、くだらない話を散々しました。寺尾様のことではなく、なんか昔の話とかプライベートな話を延々と・・・。
夕方に大阪入りしたNさまと一緒に、夕食を食べに梅田へGO!大阪名物、『ねぎ焼き』を食べました。全然知らなかったんですが、お葱たっぷりのお好み焼きなんです。すっごいおいしかったですよ。お店があまり大きくなくて、表に行列ができてました。わたしは普通、行列のできるお店には行かないんですが(並んでまで食べようとは思わないので)、並んだ甲斐ありました。連れて行ってくれたDさま、ありがとう♪
ホテルに帰って、話題は寺尾様と言うより、東京でお留守番をしている某Mさまのことになってしまったのは何故でしょう?(笑)Mさまがいらっしゃったら、胡散臭い話でめちゃくちゃに盛り上がったんでしょうが、わたしたちはそこにいないMさまの話で結構盛り上がってました(笑)

3日は、コンサート当日です!
でもその前に。お昼ごはんを食べなくちゃ。讃岐うどんを食べました。西日本出身のわたしは、関東の麺類は「真っ黒けだよー(T-T)」と食べられないので、久しぶりの関西のおうどんで大喜びです。名物と言う『生醤油』を頂きました。おうどんの上に大根おろしとお葱を乗せて酢橘を絞った上から生醤油をかけただけなのですが、絶品です。わたしは、基本的に冷たい麺類を食べないのですが、これはすごくおいしかったのです。これまた連れて行ってくれたDさま、ありがとう♪
3日から大阪入りをしたOさまと道頓堀で落ち合って、たこ焼きを食べました。その場で立ち食いなのですが、これまたおいしいおいしい♪
そして16時からは、関西オフ会です。幹事のPさまお疲れ様でした。総勢20名近くになり、わたしはお初の方が多くて、ちょっとドキドキ。ネットでお名前だけを存じ上げていた、まじゃさまともお目にかかれてうきうきです。オフ会でお目にかかれた皆様、楽しい時間をありがとうございました。

さて、大本命のコンサートです。オフ会からぞろぞろと歩いていくと、会場前には長蛇の列が。うわー、びっくり!中に入ると、寺尾さんのポスターが!デジカメ類は没収されていましたが、携帯はみな無事だったので、みんな携帯でポスターを撮っていました。
会場には、何故か映画のサントラが流れていて、コンサート会場ではない雰囲気。席は、なんと最前列のど真ん中!チケットを取ってくださったNさま、本当にありがとうございましたm(_ _)m
いよいよ本番です!緞帳が上がっていく・・・と思ったらするするする・・・と降りてきます。改めて、音楽が入ってから、緞帳が上がり、下手から寺尾さんがゆっくりと登場。ダブルのダークスーツに、ドレスシャツと言うんでしょうか、タキシードなどをお召しになるときに召されるようなシャツをお召しになって、第一ボタンを外してノーネクタイ。記憶違いかもしれませんが、グレーのポケットチーフをされていたような。もちろんサングラスをされていて、とってもかっこいいのです。でも、DさまやNさまに言わせると、『エロ』なのだそうです。んー。わたし的には『せくすぃー』と言いたい。とにかく、あんなもうすぐ59歳がいていいんでしょうか。犯罪ですよ、犯罪。
『博士の愛した数式』の原作者、小川洋子さんが楽屋を訪ねていらしたそうで、最新作『犬の尻尾を撫でながら』を紹介してくださいました。
曲は、オリジナルとカヴァーを織り交ぜて、いろいろ歌ってくださいました。わたしの大好きな『二季物語』も歌ってくださって大感激。しかし、薬を飲んでも眠れないとき寺尾さんの歌を聴きながら眠るわたしは、オリジナル曲を聴くと意識が遠のくのです(爆)「あー、寺尾さんが二人いる〜」「あれー、寺尾さんが見えなーい」などと睡魔様と戦いつつ、生の寺尾さんの歌声に酔いしれました。だんだん曲順が進んでいくと、睡魔様に勝利し、しっかりした意識で寺尾さんの歌声を堪能。
わたし的には、『北ウィング』の寺尾さんの振りが、どうも演歌くさいというか、五○ひろし入っているっていう感じで、ちょっと受けました。
2時間は、ほんとにあっという間で、最後の曲『ルビーの指環』に。段々後ろの方から立っていって、わたしたちも立って歌い踊りながらクライマックスです。時々寺尾さんが客席の方にマイクを向けてくださって、「一緒に歌って」と言う感じに笑ってくださいます。
緞帳が下りたら、即アンコールを求める手拍子が高まります。アンコールはカヴァーとオリジナルの2曲。アンコールに入る前に、NPOに寄付金を贈呈して、記念写真を撮られていました。最後の曲では、またスタンディングになって、みんなで歌いながらノリノリになっていきます。いったん曲が終わって緞帳がするするする・・・と下りてきたら、寺尾さんが下から覗き込むようにして姿を現して、『上げて上げて』のジェスチャー。緞帳が再度上がって、また曲が始まります。みんなで盛り上がりきって、とうとう曲が終わってしまいました。
「あー、これで終わっちゃったあ」と思ったら、また緞帳が上がって、皆さんがステージの前へ出ていらして手をつないでカーテンコールです。寺尾さんもサングラスを外して、客席に手を振ってくださいました。そして皆さん、上手の方へ退場。このとき、寺尾さんに花束やプレゼントを渡して握手をしてもらっていらっしゃる方もいました。どうも、演奏中はダメらしいのですが、MCのときは花束などを渡してもよいことになっていたようです。何も用意してなくて残念(>_<)東京のときは、何か用意していきましょう!

4日は、まったりと起きて、安くておいしいと言うレストランで昼食。1000円でしっかりしたボリューム、薄味だけど味わいのある味付け。ここも行列ができていました。ここもDさまのご紹介。ほんとに今回、Dさまにおいしいところに連れて歩いてもらって、まさしく『食い倒れ』てきました。
午後は、のんびり海遊館へ。かわうそやらラッコやら鴨やらジンベエザメやらマンタやらもうみんな可愛い可愛い。デジカメを忘れて行っていたのを本当に悔やみました。携帯のカメラは、シャッタースピードが遅すぎて、泳ぐジンベエザメ様やらハリセンボンちゃんを上手く撮れなかったのです(;_;)すっかり童心に帰って堪能して、ショップでお土産を買いました。
そして、ホテルに預けていた荷物を受け取って、新大阪へ。『ひかり』でのんびりお弁当を食べながら東京に帰ったのでした。

さあ、次は、東京コンサートだ!・・・ああ、でもこれが終わっちゃったら、何を生き甲斐に生きていけばいいんでしょうか?寺尾さん、七夕ライブはないんですか?
コメント一覧

レポートありがとうございます。
まずは食事について・・・。私は九州人なので、おうどんなどは薄い味付けなのですが、でも、大学時代に東京に行って、なぜかあの「お醤油につかったおそば」に魅了されてしまい、東京に行くたびに食べている変なやつです。大阪はいつも通過するばかりで行ったことがなかったのですが(だいたい異動がないのならコンサートいけたのに、悔しい。19日だっていけるぞ。だいたい・・・。わかるのが遅い)SHINOさんのレポを参考に今度行ってみます。大阪に。
それと、寺尾さん、なんであんなにすてきっていうか色気があるんでしょうね。59歳っていうと(ってまだなってないかな?)世間の59歳、うちの職場の59歳はおじいさんだよ。なのに、なんであんなに色気があるのでしょうか。
「北ウイング」は私は大好きな曲なのですが、なんだか想像できて笑ってしまいましたよ。
コンサートが終わったら何を生き甲斐に生きていいかわからないって気持ちもわかります。今まさしく私がそんな調子で、「寺尾さん関係がなーーーーんにもないぞ(亡国の〜はビデオやさんでレンタルしてきてみたが)。いったいどうしたらいいのですかあ、神様(信仰はないのだが)」って思っています。
また東京でのコンサートのレポート待っています。楽しみにしていますね。

  • なおさん
  • 2006/04/15 8:04 PM

◆なおさま◆

そうですか、東京のあの真っ黒けのお蕎麦に魅了されましたか。わたしは、ダメですねー(笑)
異動は痛いですね。ホントに、どうしてあの異動ってやつはぎりぎりまで発表されないんですかね?うちも両親教師だったし友人も教師をしているので、年度末ぎりぎりに新聞とにらめっこしてましたよ。
大阪の生醤油のおいしいおうどん屋さんは、『はがくれ』といって、JR大阪駅の近くの第三駅前ビル(だったと思う)にあります。行列ができますが、とってもおいしいので、是非いらしてください。
ホントに、何故60を前にして、あの色気なんですかね?寺尾さんは。周囲を見回しても、そんな59歳はいませんよ。
『北うウィング』は、わたしも大好きな曲ですが、リキの入った振りは、ちょっぴりユニークでした(笑)
全く、今年は4月にコンサートがあって、とっても嬉しかったですが、終わってしまうと何を生き甲斐にしていいやら・・・とほほ。寺尾さーん、またライブやってください〜!

  • SHINOさん
  • 2006/04/17 9:01 AM
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

高速バスでは東京方面や大阪方面、仙台方面、名古屋方面、京都方面、広島方面、福岡方面への高速バス情報をお届けします。
  • 高速バスと東京
  • 2007/01/24 6:11 PM
無料ブログ作成サービス JUGEM